046-200-5900

〒242-0021 神奈川県大和市中央 2-3-13

  • 診療時間

  • 9:30-13:30/15:00-20:00
       ※土曜日・祝日は18:00まで

  • 休診日

  • 日曜

矯正歯科

矯正歯科ortho

歯科矯正とは

歯科矯正

歯科矯正とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。

しかしながら、ただ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。

矯正が必要な場合

叢生・乱ぐい歯・八重歯

顎に歯が並びきることができず、歯が歯列から飛び出してしまったり、重なり合っている状態のことです。

八重歯などもその症状の一つです。歯ブラシが届きにくいため、歯周病やむし歯などの原因になることも多いので早期に改善する必要があります。

治療法としては、歯列を広げたり、必要であれば抜歯をして歯が並ぶことが出来るだけのスペースを確保した上で矯正を行います。

上顎前突(出っ歯)

上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで、出っ歯とも言われます。唇が閉じにくいため歯肉が乾燥するので、歯周病の原因になることがあります。

治療法としては、一般的に上顎の奥歯を抜いて前歯を後ろに移動するスペースを確保します。

下顎前突(受け口)

下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となります。

治療法としては、下顎の奥歯を抜歯したり、矯正で歯の角度を戻したりします。

開咬(オープンバイト)

前歯が噛み合わない状態の状態のことを開咬(かいこう)といいます。奥歯は噛んでいても、前歯付近は噛みあわず隙間が空いている状態です。

前歯で食べ物を噛み切ることができなかったり、奥歯に過剰な負担がかかったり、話すときにも息がもれて正しく発音しにくいことがあります。

開咬を治療するためには一般的に矯正を行いますが、抜歯をしなければならない場合もあります。

歯並びに問題があると・・・

  • むし歯になりやすい。
  • 歯周病になりやすい。
  • 発音に影響を起こす場合があります。
  • 食べる時に効率が悪い。
  • 成長期に、悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、発育不足をおこすことがあります。
  • 悪い歯並びが、劣等感になり、心理的に悪い影響を与える場合があります。

矯正治療の流れ

1.無料相談

矯正治療に関するカウンセリング、簡単な口腔内診査の後に、治療方針・矯正装置・矯正費用についてご説明いたします。その際、患者様の不安な点や疑問に懇切丁寧にお答えします。

2.精密検査

口腔内診査・口腔内写真・歯型のかたどり・レントゲン写真等の精密検査をいたします。

3.分析診断

精密検査結果を分析し、患者様に最適な矯正治療方針・矯正装置・治療期間・矯正料金を詳しくご説明いたします。

4.治療開始

分析結果をもとに、最適な治療を開始します。

5.矯正治療(月1回来院)

装置・ワイヤー等の調整とともに、歯のクリーニング・むし歯チェック・歯みがき指導を毎回行います。

6.保定期間

装置をはずした後にステキな笑顔を保つため、歯並びが後戻りしないように透明な取り外し式の装置を使って定期健診をしていきます。

矯正装置について

ホワイトタイプブラケット

白い装置で目立ちにくいのが特徴です。

見えない矯正(フルリンガルブラケット)

見えない矯正(フルリンガルブラケット)

装置を歯の裏側につけるため、前からはまったく見えません。さらに、STBブラケットという、とても小さくて薄い最新の装置を使用。従来の装置に比べ、違和感や発音障害も格段に起こりにくくなりました。

ハーフリンガル・システム

ハーフリンガル・システム

上の歯だけ、裏側に装置をつける治療方法です。下の歯には表側に装置をつけます(下の歯は普段見えないのでそれほど目立ちません)。見えない矯正(舌側矯正)より安価な治療費でできるため、最近人気が高まっています。

デーモン・システム

デーモン・システム

歯の表側につける装置で、ロー・フリクション(摩擦抵抗が少ない)タイプの装置を使います。従来の装置に比べ、痛みが少ない上に、早く歯が動くため、身体にとても優しいシステムです。

インプラント矯正

ミニスクリュー・タイプのインプラントを併用することで、歯を抜かないで治療でき、治療期間も短くなります。違和感や痛みもほとんどなく、非常に有効なオプションと言えます。

小児矯正

小児矯正

乳歯列期の矯正で、顎の骨の成長を利用して歯並びを治します。主にプレートタイプの装置を使って治療いたしますので、痛みも少なく、目立たずに治療が行えます(およそ5歳~12歳)。

プチ矯正(部分矯正)

前歯のちょっとした隙間を閉じたり、1本だけ飛び出している歯を治したい場合にオススメの治療法です。全体の歯並びを矯正するより、治療期間も短くなります。

歯並びの状態によってはプチ矯正が無理な場合もありますので、一度ご相談下さい。

ページトップへ