歯周病治療
Perio

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。
歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。
歯石には乳白色の歯石と黒い歯石があります。一般に見られるのは白い歯石です。歯周病が重度になると、根っこの先端方向に歯石が入り込んでいき、血液中のヘモグロビンを取り込んで黒くその色を変え周りの骨を溶かしながら進行していきます。

歯石は細菌の家となり、細菌の数を増やしながら、より重度の歯周病へと導きます。したがって細菌の家を無くすことこそが、歯周病の侵攻を止める重要な治療であり、確実な予防法になります。

歯を失う最大の原因が歯周疾患であるということから、当院では歯周疾患を治療・予防することが、歯を失わない質の高い人生への最大の手助けになると考えます。

歯周病治療の流れ

1. 口腔内の検査 カウンセリング

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

2. プラークの除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による専門的なクリーニング・歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなど補助的な清掃指導で改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3. 外科的処置

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)・炎症を強く持った歯肉を除去します。

4. メンテナンス

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による専門的な検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

歯周病と全身疾患

歯周病は、歯の周りに炎症を引き起こす病気であると同時に、全身に影響を及ぼす感染症であることが、近年国内外の研究でわかってきました。
歯周病との関係が考えられている病気には、「動脈硬化」「糖尿病」「肺炎」「早産・低体重児出産」等があります。

1. 動脈硬化

血流によって運ばれた歯周病菌が血管壁に付着ると、動脈硬化の進行に関与するのではないかと考えられています。動脈硬化が心臓の血管で起こると心筋梗塞が、脳の血管で進行すると脳梗塞が起こりやすくなります。歯周病が直接命を脅かすわけではありませんが、これらのリスクが高くなります。
歯周病菌がどれだけ確実に動脈硬化を悪化させるかは未だ意見が分かれるところではありますが、「歯周病はかなりの確率で虚血性心疾患の発病に関与している」との考え方が主流になりつつあります。その裏付けとして、「冠動脈の動脈硬化巣から、歯周病菌が発見された」との報告もあります。

2. 糖尿病

歯周病による炎症性物質(TNF-α)がインスリンの働きを低下させ、糖尿病を悪化させると考えられています。一方、糖尿病で免疫力が低下すると、歯周病菌の増殖が盛んになり、歯周病が悪化します。このように、歯周病と糖尿病は相互に関係し、悪循環を引き起こします。

3. 肺炎

肺炎を起こす主な感染経路は気道です。空気中の細菌が気道を通って肺に到達し、そこに炎症を起こします。空気中の菌だけでなく、細菌を含む唾液が気道に入り込むことで肺炎を引き起こすことがあります。これを特に誤嚥性肺炎と言い、唾液中に多く細菌を含む歯周病の患者さんは誤嚥性肺炎になり易いことがわかっています。入院中の患者さんに肺炎が多く発病するのは、「入院生活によって歯磨きが不十分になることも関係しているのではないか」との意見もあります。

4. 早産・低体重児出産

歯周病によって増加する炎症性物質(プロスタグランジン)には、子宮を収縮させ陣痛を促す作用があり、早産・低体重児出産が起こりやすくなると考えられています。

これまで「歯ぐきの病気」ととらえられていた歯周病ですが、実はそれほど軽視できない病気である可能性が示唆されはじめています。「歯が抜ける・噛めなくなる」というのは、歯周病のほんの一面でしかないのかもしれません。