マイクロスコープ
Microscope

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、歯を拡大してみることの出来る実体顕微鏡のことです。
口腔内は暗くて狭く、肉眼で認識して治療するには限界があります。肉眼で見えない部分の虫歯治療では、経験による推測で治療を判断する場合もあるほどです。これを克服した新たな歯科医療機器が、マイクロスコープです。マイクロスコープからは光が照射されるため、これまで暗くて見えづらかった歯の細部にわたり、4~20倍の高倍率で確認できます。推測ではなく確実に患部を治療できるこの機器は、歯科医療にとって革命的な影響を与えました。虫歯治療の際、健康な歯まで余計に削り取ってしまうこともなくなりました。
また、マイクロスコープで見た映像をモニターに写して患者さんに見てもらうこともできるので、患者さんへのコンサルテーションにも大きな威力を発揮します。

マイクロスコープ治療のメリット

治療の正確性

マイクロスコープのない治療では、見えない部分は、経験や勘に頼らざるをえませんでした。しかしマイクロスコープの導入後は、経験からの推測で治療することなく、拡大され、光に照らされた患部を肉眼で見ることができるため、迅速で正確な判断ができます。迷いやミスがない治療を実現できるため、患者様に的確な治療を行えます。

精密度の向上

マイクロスコープによる視界は50ミクロンを狂いなく見分けることができる領域。これまで見ることのできなかった根管の内部や虫歯の兆候なども識別できるため、見逃しによる再発・再治療を防ぎ、今まで以上に良好な経過を得ることができます。

医師の疲労軽減

マイクロスコープは、無理な姿勢で口腔内を覗き込むような作業がなくなるため、肉体的な疲労も眼精疲労もなくなりました。 いつまでも最高のコンディションで治療をすることができますので、すべての患者様に対して常に最適なコンディションで治療に臨むことができます。

マイクロスコープを使用した症例

マイクロスコープを導入することによって、精密で正確な治療ができます。当医院では、以下のような症例に対してマイクロスコープを役立てています。

歯の神経の治療(歯内療法)の時

マイクロスコープは光を放つので患部を明るく照らし出すことができ、また患部が4~20倍に拡大されることで、これまで見ることのできなかった神経の治療がスムーズに行えるようになり、感染源や異物の除去がとても容易になりました。

虫歯を削る場合

マイクロスコープを使うことによって、患部を最大20倍に拡大できるため、たった1mmの虫歯の穴が20mmの大きさに明るく照らされ見えます。ムシ歯の取り残しや、削りすぎになることがなくなり、神経を傷つけることもありません。

歯石を除去する場合

普段、歯肉の下にある歯石もマイクロスコープを利用することで明るくはっきりと認識することができ、これまでになくキレイに歯石除去が可能になりました。特に歯肉の下にある歯石は、光が届かないので暗くて見にくかったのが、これからは歯石がはっきり見えるので、きれいに取れるようになりました。

外科全般をする場合(歯周形成外科治療・インプラントなど)

インプラント治療や外科治療にもマイクロスコープを用いることで、メスや小さい針、細い縫合糸が使用できます。それに伴い、治りも早く傷跡も残りにくくなります。マイクロスコープによる治療は、今までは困難だった体にやさしく安全で精密な施術と言えます。

MI治療(Minimal Intervention)はマイクロスコープで

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡治療)では、隅々まで正確に見えるため、
治療によるストレスを最小限に抑える事が出来ます。

例えば、
1. 詰め物なら最小限の切削で、麻酔はほとんどの症例で使わずに済みます。
2. 歯の根っこの治療なら、歯の中の神経のある管を見つけるのが容易なため、
  より正確な治療が出来、治療時間の短縮にもなります。
3. かぶせ物なら、辺縁の形成が正確にでき、歯肉との境目はより正確になります。
  そのため、長期にわたり安定な歯肉との関係が望め、長持ちします。
4. 歯周病においても、辺縁部の歯肉、歯石の状態を正確にとらえ、
  より信頼性の高い歯周治療を受けられます。
5. インプラント、歯周病などの手術でもマイクロサージェリーという細かい手術を可能にしました。

このように、最小限侵襲で最大の効果を得る治療を可能にしました。

マイクロスコープからMI治療(Minimal Intervention)が始まる!