虫歯治療
Caries Treatment

虫歯(むし歯)とは

ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気で す。虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。
そのため、むし歯病原菌の酸に溶けた部分を取り除き、その部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布し、細い麻酔針を使用するなど、痛みの少ない治療を徹底して行っております。むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

虫歯治療について

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。
虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

 

C2:象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

当院では体に悪影響を与える金属はなるべく使わず、虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填するよう努めています。

 

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。
症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

 

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。
抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

 

 

ミニマル・インターベンション

「出来るだけ削らない」
「予防と管理で再発を防ぐ」

ミニマル・インターベンション(MI)(最小限の侵襲)を簡単に分りやすくいうと
上に挙げた二つの言葉で表現できると思います。

このMIは国際歯科連盟(FDI)が提唱し日本でも定着してきた歯科治療における 指針となる概念です。
原則的な事項としては次のようなことが挙げられると思います。

・初期う蝕の再石灰化を促進する
・修復時、最小限の歯質の除去
・補綴物・修復物の再製作よりも補修・修理
・口腔内の管理の徹底による良好な予後の確保

具体的な治療でお話しますと、むし歯に罹患した部位だけを除去して、その取り除いた部分のみを
修復材料で補填するという形がもっとも分りやすく一般的と思います。
以前は予防的な意味と金属をつめるためのスペースを作るという必要性から歯を大きく削り、型を取って 金属をつめるという方法で修復していたう蝕も接着性の修復材料の発展で余分な所を削ることなく小さな 窩洞(むし歯を取り除いた後の穴)で小さくつめるということが可能になりました。
ただし、全てこの方法でうまく対処できるわけではありません。大きく深いむし歯では全体を金属で覆い 被せる必要もありますし、歯のない部分にブリッジを入れるために歯を削ることもあります。
小さく削るリスクとして、う蝕部分の取り残しと言うことも予防的に大きく削り取る方法に比べれば可能性は 高くなります。より慎重な態度が要求されることは間違いないと思います。

従来の治療法
虫歯をとって、型をとって銀歯を詰める

 

レジン充填(ミニマルインターベンション)
虫歯の悪いところだけ取ってその日のうちに白い歯が入ります。

さてMIを広義に考えると、歯を抜かない、既に抜去した歯の補綴においても歯質の削除を最小限に とどめるという考え方も当然含まれて来ると思います。

削るよりも再石灰化。
抜髄(神経をとる処置)よりも歯髄の保存。
抜歯より歯の保存。
ブリッジよりもインプラント。

など色々な考え方と治療方法があると思います。 その中で一人ひとりの口腔内の状態を考え、ご希望を取り入れての処置がその人にとっての最良の処置方法と言うことになります。

欠損歯の両隣の健康な歯を削ってかぶせるブリッジより

欠損したところだけ歯を立てるインプラントのほうが最小限の侵襲

歯科治療は元来、ほとんどが外科処置、外科的侵襲を伴うものです。削ったり切ったり抜いたり・・・
痛かったり、血が出たり。その中で少しでも侵襲を少なく留め予後が良好で再治療のリスクが最小限になる様、また再治療が必要になった時でも最小の侵襲でおこなう。
そのような処置を心がけることにより一本一本の歯の寿命の延長、口腔機能の維持を図れたらと考えます。