046-200-5900

〒242-0021 神奈川県大和市中央 2-3-13

  • 診療時間

  • 9:30-13:30/15:00-20:00
       ※土曜日・祝日は18:00まで

  • 休診日

  • 日曜

インプラント治療の安全性を高める【ガイデッドサージェリー】

インプラント治療の安全性を高める【ガイデッドサージェリー】

コンピュータガイデッドサージェリーとは、専用のソフトウェアを用いて、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、手術用のガイドを作製し、ガイドを用いてインプラント手術を行うことです。

これにより、計画通りの位置にインプラントを埋入することができ、より安全で正確な治療を行うことができます。

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーは、コンピューター上でシミュレーションを行うストローマンガイドソフトウェアと、ソフトウェア上でプランした通りに埋入するための3Dガイドとガイドを用いて手術するための外科キットにより、構成されています。

〜ガイデッドサージェリーの流れ〜

ガイデッドサージェリーの流れ

①模型を作成

患者さんの口腔内の型どりを行い、精密な口腔内模型を製作します。

模型を高精度スキャナーにて読み込み(サーフェススキャン)、3次元の模型データ(STLデータ)を取ります。

①模型を作成

②CTスキャンを行います。DICOMダイコムデータ(CTデータ)を取ります。

②CTスキャンを行います。DICOMデータ(CTデータ)を取ります。

③サーフェススキャンデータの重ね合わせ

DICOM(CTデータ)と模型(STLデータ)を重ね合わせます。これにより、この後製作するガイドの精度が更に上がります。

③サーフェススキャンデータの重ね合わせ

ストローマンガイドソフトに歯肉形状データをエクスポート

  • 縁下プロファイルなど捕綴の予見性の向上
  • スリーブ位置判断の正確性向上
  • アバットメント選択の確実性の向上

などのメリットがあります。プランニングのレベルアップにつながります。

③サーフェススキャンデータの重ね合わせ

④プランニング・3Dガイドデザイン

④プランニング・3Dガイドデザイン

④プランニング・3Dガイドデザインの流れ

④プランニング・3Dガイドデザインの流れ

CARES® 3Dガイド

  • 模型(STL)データ上で設計する
  • 模型データ上にデザインするため、適合精度が非常に高い
CARES 3Dガイド

⑤データ送信(技工所でサージカルガイド製作)

⑤データ送信(技工所でサージカルガイド製作)

データを技工所に送信し3Dガイドを製作する。

⑥cares3Dガイド

⑥cares3Dガイド

最終補綴物の製作と装着(CAD/CAM)

CAD(computer aided design:コンピューター支援模型)

スキャナーで取り込んだ情報をデジタル化し、各種コンピューターソフトウェアにより設計

CAM(computer aided manufacturing:コンピューター支援製造)

製造機械により各種ブロック材料(ジルコニア)から切削加工

最終補綴物の製作と装着
ページトップへ