審美歯科
Dental esthetic

通常の歯科治療よりもより見た目の改善を重視される患者さまにお勧めするのが審美歯科治療です。
当院ではこんなご希望の患者さまが来院されています。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる

・金属アレルギーが気になる

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミック
に比べると透明感がでにくい
生体親和性が高く歯肉との調和に優れ
ている。金属アレルギーのリスクが無い

金属の詰め物をやめて 白い歯にしてみませんか?

3つのポイント

1.健康保険で治せてお手軽

2.白くてきれい

3.通うのは1回だけ

従来の治療法
虫歯をとって、型をとって銀歯を詰める
最新のレジン充填

虫歯の悪いところだけ取ってその日のうちに白い歯が入ります。

 

当院では最新の接着性レジンを使って、歯の削る量を極力少なくし、1回の治療で歯と同じ色の材質で詰めるようにしております。

この治療は比較的小さい虫歯の場合に可能です。

虫歯が大きい場合は型取りする必要から1回の治療で済まなくなりますし、強度を持たせるため金属を使うことになります。

もし金属色に抵抗感を持たれた場合は、保険外治療によるセラミックのかぶせものがございます。

痛みを感じる前に、治療しましょう。

歯の黄ばみ、キレイにしませんか?

歯のクリーニング

歯の表面に着色した茶渋やヤニなどの色素(ステイン)を専用の機械を使って落とし、あなたの本来の白い歯を取り戻せます。

歯のクリーニングを行うだけでも見違えるようにきれいになりますのでぜひお試しください。

 

ホワイトニング(保険外治療)

歯の表面に薬剤を塗布して歯を漂白していく方法です。
あなたの本来の歯の色より白くなり、歯を削らずに白い歯にできます。

保険でできる審美歯科治療

銀歯のつめものを白いつめものに変えることができます

メタルフリー(金属を使わない)治療

当院ではメタルフリー(金属を使用しない)の治療を目指して、治療計画を立案しています。

従来、保険診療では虫歯の治療や差し歯・被せ物などについては様々な金属の使用がごく当たり前の治療方法ですが、当院では保険診療でも基本的には中程度までの虫歯治療では金属を使用せず、コンポジットレジンと呼ばれる素材を使用した修復治療を行います。

尚、差し歯・被せ物をする場合、通常金属で土台を作りますが、これもグラスファイバー併用のコンポジットレジンコアにしてメタルフリー治療を積極的に行っています。その際、一部保険診療ではまかなえない治療がございます。

体に最も優しい治療法、保険の範囲でできる治療法など、担当医の説明をよく理解した上で無理のない選択をしていただきたいと思います。

コンポジットレジンのメリット

体にやさしい

悪いところだけを削るので、歯を削る量が少なく身体負担を掛けません。 また、治療期間が短い(通常1~2回程の通院)ので普段お忙しい方にも適しています。 コンポジットレジンは色が歯の色に近い為、金属に比べ治療後の仕上がりに不自然さがない(目立たない)ので、人目のストレスがありません。

金属アレルギーなどのデメリットがない

金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。

費用負担が少ない

基本的には中程度の治療まで保険診療で可能なので、費用負担が少ない。
※保険適用範囲についての詳細はお気軽にお尋ね下さい。

有害な金属が人間の体に与える影響

近年、口腔内に装着された歯科金属によりアレルギーを発症する患者様が増えています。その症状は全身から、局所、特に口腔内に限局するものまで様々です。
例えば図1は口腔内に装着されたクラウン内部のメタルコア(金属製鋳造体)中の成分が溶出し、アレルギーを発症した例です(図2)

図1図2

図4:歯肉変色

前歯歯冠修復物マージンよりメタルコアの金属が歯肉に溶出

図4

図5: 金属タトゥー

メタルコアよりの金属成分の溶出による金属タトゥー

図5

図6: 歯根変色

歯根部にメタルコアより溶出した金属成分

図6

図7:歯根破折

メタルコアにより生じた歯根破折
写真提供 : 東京医科歯科大学歯学部
大学院 三浦宏之教授

図7

図8:象牙質と金属(金銀パラジウム合金)・ファイバーコアの弾性率比較
弾性率
象牙質 12~19GPa
金銀パラジウム合金 85~95GPa
ファイバーポスト 29,2GPa
コア用レジン 15GPa

 

△ メタルコア(保険適応)
(銀の土台)

△ レジンコア(保険適応)
○ ゴールドコア(自費診療)
◎ ファイバーコア(自費診療

△ メタルクラウン(保険適応)
(銀のかぶせもの)

○ ゴールドクラウン(自費診療)
◎ ジルコニアクラウン(自費診療)
◎ セラミッククラウン(自費診療)

△ メタルインレー(保険適応)
(銀の詰め物)

× アマルガム(保険適応)
(水銀と鉛の詰め物)

△ コンポジットレジン(保険適応)
○ セラミックインレー(自費診療)
○ ゴールドインレー(自費診療)

 

コアとは

大きな虫歯や歯の破折、再治療などにより、歯に十分な量の歯質が残っていない場合には、人工の土台(コア)で歯を補強する必要があります。

歯質があまり残っていない歯に被せ物(差し歯)をつけても、すぐに取れたり、残っている歯が割れたりしてしまうからです。

歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療です。どのような素材の土台(コア)を使うかによって、その歯に将来起きるかもしれないトラブルの発生率や歯の寿命が変わります。歯の土台(コア)は、家に例えるならば基礎や柱に当たる部分で、家は基礎や柱がしっかりしていなければどんなに見栄えのよい家でも長持ちしません。さらに万一の大地震にも耐えられてこそ、安心して住めるのではないでしょうか。建築においては、これまで基礎や柱を硬く丈夫にすることで耐震性を高めてきましたが、最近では力を吸収分散する免震構造により地震から家を守るという新しい方法が取り入れられています。

これは歯の土台(コア)についても同じことがいえます。被せ物(差し歯)がきれいで長持ちするものでも、その下の土台(コア)や歯の根に問題が起きれば、抜歯や歯全体の再治療が必要になります。

歯には、食事の時や歯ぎしり・食いしばりの時など毎日いろいろな方向から強い力がかかっています。一般的に使用されている金属の土台(メタルコア)は丈夫ですが硬すぎるため、十分な歯質が残っていない歯では、強い力がかかった時に歯が割れてしまうことがあります。

このような場合、歯の保存が難しい割れ方(縦破折)をすることが多いため、抜歯になる可能性が高くなります。

歯質の少ない歯には、硬さやしなり具合が歯と似ているファイバーコアを使用することで、歯が受け止める力を分散して破折などのリスクを減らすことができます。当歯科室では、歯の土台(コア)はファイバーコアが最良の方法であり、将来的に歯を守ることに繋がると考えております。

ファイバーコアとは

グラスファイバーのピン(ポスト)で補強したプラスチック(レジン)の土台です。

ファイバーコアは、歯に似たしなやかさがあるため、根を壊しにくく、特に、歯質の大部分を失った歯に最適な土台(歯にやさしい土台)です。

ファイバーポストは、2003年に厚生労働省に認可された新素材です。

 

ファイバーコアのメリット、デメリット

メリット

硬さや弾性が歯とほぼ同じため、歯が割れる(歯根破折)のリスクが低い

強度があり耐久性がある

光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を再現できる(金属による暗い影がないため、オールセラミッククラウンに最適)

金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない(メタルフリー)

歯を削る量が少ない(口腔内で製作する直接法の場合)

再治療が必要になった場合も除去が容易

デメリット

保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかる

術者のテクニックや歯の環境によって予後が左右されやすい(口腔内で製作する直接法の場合)